シミ、しわ、たるみ、乾燥 ー いくつも重なる肌悩みをレスキューする「美肌コスメ」 口コミレビューブログ

menu

50歳 美肌をつくる化粧品

肌荒れしやすくなる50歳の肌

50歳 美肌5

更年期とは、生理のある女性の誰にも訪れる閉経に至るまでの期間、またはその後の期間を指します。日本人女性の平均閉経年齢は50歳といわれており、ちょうど閉経を挟む前後5年間が更年期ということになります。

肌荒れしやすくなる50歳の肌

閉経が始まる40代後半から50代にかけての更年期には肌トラブルの悩みも増えてきます。

単に乾燥やかゆみだけでなく、更年期の肌荒れはシミ、しわ、くすみといった症状が目立ってくるのが大きな特徴です。肌荒れが更年期によるものである場合、加齢に伴う肌の老化もプラスされ、中にはメイクで隠しきれないほど肌荒れが悪化するケースもあります。

ここでは、50歳の女性の肌荒れに焦点を当て、肌荒れの原因と対策を考えていきたいと思います。

 

乾燥しやすく今まで以上、肌トラブルがおこりやすくなる

50歳の肌は、毛穴に長年生きてきた皮脂汚れや角質、化粧成分などが蓄積されています。この他にも、肌は紫外線や大気汚染などの外気に当たることで、様々な刺激を受けています。その結果、角質層のきめが乱れ、水分を正常に保つ力が弱まり、乾燥しやすくなります。

少しの刺激でも過敏に反応するようになるため、今まで以上に肌トラブルが起こりやすい状態になります。そのため、50歳は、若い世代よりもよっぽど手入れをしない限り、肌は厚くなります。その一つの原因が肌のサイクルです。

20代では28日周期だった肌のターンオーバーは、50代の熟年世代になると40日以上もかかってしまいます。この世代は、若い世代以上に肌の手入れをしなくては、綺麗な肌質を保つことは難しくなっているのです。毛穴に詰まりがあると肌細胞はどんどん厚くなり、厚くなってしまった肌細胞にどんなに栄養素を浸透させようとしても肌の表面だけにとどまり、あまり効果がありません。

 

正しいスキンケアの方法を見直してみましょう

本気でエイジングケアを行うためには、スキンケアから見直す必要があります。そこで、正しいスキンケアの方法を今一度、確認しておきましょう。

【正しいスキンケアの方法】
 クレンジング・洗顔
ぬるま湯で優しく素早く
 化粧水
手で軽く温めた化粧水をお肌に押しつけるように浸透させる
 ゲルや美容液
手のひら全体で顔全体を包み込むように優しくなじませる
 乳液やクリーム
ハンドプレスやマッサージをしながら広げていく

 

肌に刺激を与えすぎると、逆にシワやたるみの原因になってしまいますので、スキンケアは力を入れずに行いましょう。なお、以下の項目はやってはいけないスキンケアです。せっかくのケアが老け顔へと導いてしまうこともありますので、もしも心当たりがあるようであれば、今すぐにやめましょう!

【NGのスキンケア】
洗顔後に冷水で肌を引き締める
コットンで強くパッティング
朝もナイトクリームを塗る
リフトアップさせるため、強く肌をこする

 

食事でアンチエイジングする方法
50歳 美肌6

次に、食事からもアンチエイジングが可能です。ここでは、抗酸化作用がある食品と、女性ホルモンを高める食品の二つをご紹介します。抗酸化作用のある食品を取り入れることで、老化の原因になる活性酸素を減らすことができます。

また、女性ホルモンが肌の弾力に関わるコラーゲンやヒアルロン酸を作るので、女性ホルモンを高めることも大切です。できるものから取り入れ、効率よく身体の内側からエイジングケアをしましょう。

【抗酸化力のある食品】
 ビタミンA・C・E
小松菜、ブロッコリー、玄米、植物油、大豆、落花生など
 ポリフェノール
ブルーベリー・紫芋(アントシアニン)、そば(ルチン)、ごま(セサミン)、緑茶(タンニン、カテキン)
 カロテノイド
鮭・えび(アスタキサンチン)、とうもろこし・ほうれん草(ルテイン)、トマト(リコピン)

 

【女性ホルモンを高める食品】
 大豆イソフラボン…女性ホルモンと同じ働きをする
大豆、納豆、豆腐、味噌、きな粉、豆乳などの大豆製品
 オメガ3脂肪酸…女性ホルモンの原料になる
油(アマニ油、しそ油、えごま油など)、青魚(マグロ、サバ、サンマ、うなぎ、鮭、アジなど)、くるみ

 

 

関連記事