シミ、しわ、たるみ、乾燥 ー いくつも重なる肌悩みをレスキューする「美肌コスメ」 口コミレビューブログ

menu

50歳 美肌をつくる化粧品

肌の保湿に欠かせないセラミドの効果を最大限に引き出す方法

乾燥が気になる季節がやってきました。これからの季節、しっかりと保湿ケアを行うことがスキンケアの重要なポイントになります。

セラミドはお肌にとって大事な保湿成分として注目を集めている成分です。もともと体内にある成分なので、補給も重要ですが減らさないようにすることも重要だと言われています。

ここでは、乾燥対策に欠かすことができないセラミドの働きとセラミドの減少をを防ぐ方法など、セラミドの効果を最大限に引き出す方法を紹介します。

 

セラミドとは


セラミドは、表皮の1番上の層にある、わずか0.02㎜ほどの角質層に存在しており、細胞と細胞の間でスポンジのように水分や油分を抱えている細胞間脂質の1つです。

細胞間脂質は、天然保湿因子が抱えている水分を挟み込み、水分を蓄える作用や細胞間の隙間を埋めることで、外部の刺激を退ける作用があります。セラミドは、この細胞間脂質の主成分にあたり、そのうちの約50%を占めています。

セラミドは、ターンオーバーによって生み出されますが、加齢や生活習慣、紫外線など外部の刺激を受けることにより減少していきます。特に加齢による減少は大きく、40歳になるとセラミドの量は20歳の半分まで減少するとと言われています。

セラミドが減少すると角質層の水分量が減少し、肌が乾燥しやすくなります。また、バリア機能も低下するので、外部からの刺激を受けやすくなり、刺激に敏感になることから、乾燥性敏感肌を引き起こすことがあるので注意が必要です。

セラミドと同じように保湿効果が高い成分としてヒアルロン酸があげられています。このヒアルロン酸とセラミドの違いが分らず、どちらが配合された化粧品を選べばよいのか分らないという方も多いのではないでしょうか。

セラミドは肌の表面にある角質層を保護する成分であり、ヒアルロン酸は肌の奥にある真皮を保護する成分です。作用する場所が異なるので、乾燥を改善するためには、どちらの成分も必要になります。セラミドとヒアルロン酸がそれぞれ配合されている化粧品やサプリメントをバランスよく補うことが乾燥の改善に最も効果的な方法です。

 

セラミドを減らす生活習慣


洗顔
メイクの汚れをしっかり落としたいと思い、顔をごしごし擦って洗ったり、1日に何度も洗顔をしていると、角質層を傷め、セラミドを洗い流してしまいます。乾燥が気になるときは洗顔は夜だけにして、泡を使って泡にメイクや汚れを吸着させるようにして洗顔を行いましょう。

クレンジングを選ぶときは、肌に優しいミルクやクリームタイプを選び、ポイントメイクだけ専用のリムーバーで落しておくと肌への負担が減少します。

入浴
寒い季節は熱いお風呂でしっかり温まりたいと思うものですが、熱いお湯は角質層をふやかして保湿成分を流出させる原因になるので、お風呂に入るときは38度~39度程度のぬるめのお湯がおすすめです。また、お風呂に浸かるのは20分程度にとどめておきましょう。

睡眠
ターンオーバーを活性化させる成長ホルモンは就寝後3時間の間に最も多く分泌されると言われています。ターンオーバーが整うとセラミドの生産や修復の促進につながるので、寝始めの3時間に熟睡できるような工夫を行いましょう。

紫外線
紫外線はさまざまな肌トラブルを引き起こす原因になります。紫外線を長く浴びているとセラミドをによって作られているバリア機能を低下させてしまうので、日差しの強い日はもちろんですが、日中外出をするときはしっかり紫外線対策を行ってから外出することを心掛けておきましょう。

食事
偏った食生活は美容に悪影響を及ぼします。栄養バランスがとれた食事を摂ることは美容の基本ですが、セラミドの減少を防ぐためには、米、小麦、大豆、牛乳、こんにゃくなどセラミドを多く含む食品や、ニンジン、トマト、ほうれん草など緑黄色野菜を積極的に摂取するとよいでしょう。

特にこんにゃくは食品の中でもセラミドの含有量が多い食品としてあげられているので、セラミド不足が気になる方は、意識してこんにゃくを毎日の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

喫煙
喫煙は美容の大敵と言っても過言ではありません。喫煙を行うことで血行が悪くなり、ビタミンCが破壊されるので、肌のターンオーバーの乱れを引き起こします。喫煙が習慣化していると、肌の老化が5年以上早くなると言われているので、肌の老化が気になる人は、お肌のために禁煙にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

セラミドは、肌の潤いを保つために欠かすことができない成分です。年齢とともに減少する成分なので、減少した分は補うことが必要ですが、生活習慣を見直すことで減少を防ぐことができます。潤いがある美肌のためにセラミドの減少を防ぐ生活習慣を心掛けてみてはいかがでしょうか。

関連記事