シミ、しわ、たるみ、乾燥 ー いくつも重なる肌悩みをレスキューする「美肌コスメ」 口コミレビューブログ

menu

50歳 美肌をつくる化粧品

春の肌荒れの原因と改善する4つの方法

気持ちの良い季節がやってきましたが、この季節、肌荒れが気になるという方も多いのではないでしょうか。ここでは、春に肌が荒れやすくなる原因や改善方法などを紹介します。

春の肌荒れの原因

花粉の刺激

春は花粉が多く飛散する季節です。花粉症でくしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状がひどいという方も多いのではないでしょうか。花粉の影響は肌にも現れます。花粉が肌に付着するとかゆみやかぶれなどが起こり、肌荒れの原因になることがあります。

花粉によって起こる肌荒れは、花粉から肌を守ることで改善することができます。なるべく肌に花粉が付着しないように外出するときはマスクをしたり、メイクをするときはパウダーファンデーションなどべたつきがなく、サラッとしたファンデーションを利用すると花粉が付きにくくなります。

また、帰宅をしたらすぐに洗顔をして花粉を落とすことを心掛けておきましょう。

過剰なスキンケア

肌荒れが気になり始めると、いつも以上にスキンケアをしっかり行うという方も多いのではないでしょうか。

スキンケアをしっかり行うことは悪いことではありません。しかし、肌荒れが起こっているときの肌はとても敏感になっています。肌が敏感になっているときに肌を強く擦ったり、何度も肌触れているとそれが刺激となり肌のバリア機能が傷ついてしまうことがあります。

過剰なスキンケアが肌荒れを促進してしまうことがあるので注意が必要です。肌荒れが気になるときは、優しくできるだけシンプルなケアを行うということが重要です。

ストレス

春は生活環境が変わりやすい季節です。新しい環境に馴染むまでは日々の生活の中でストレスを感じることが多くなります。ストレスがたまると自律神経に乱れが起こり、ホルモンバランスも乱れやすくなります。

ホルモンバランスが乱れると皮脂の分泌が盛んになるので、肌荒れや吹き出物が起こりやすくなります。スキンケアは大切ですが、なるべくストレスをためないように心のケアを行うことも大切なことです。

冬のダメージ

冬は乾燥が強い季節です。空気が乾燥すると肌の水分が奪われて肌のバリア機能が低下します。バリア機能には外部の刺激から肌を守るという働きがあるので、バリア機能が低下すると刺激を受けやすくなり、肌が乾燥するだけでなく、敏感になっていきます。

冬の乾燥で肌がダメージを受けると肌は敏感になり、トラブルが起こりやすい肌になります。肌が敏感になっているときは、刺激が強いクレンジング剤や化粧品を使用するとより状態が悪化してしまうので、適切なスキンケアで肌を優しくいたわるということを心掛けておきましょう。

 

春の肌荒れの改善のポイント


肌荒れを改善するためには、肌に刺激を与えないように丁寧にスキンケアを行い、しっかり保湿を行うということが重要なポイントです。保湿はスキンケアの基本です。しっかりと保湿を行うことで肌のバリア機能を高め、肌荒れを改善することができます。

スキンケアに使用するクレンジング剤や化粧品を選ぶときは、肌荒れが起こっている肌は敏感になっているので、肌に負担がかからないような刺激が少ないクレンジング剤や化粧品を選ぶことが重要です。

また、高い保湿効果が期待できる成分が配合されていても、肌に刺激となるアルコールが配合されていると肌トラブルが起こる場合があるので、肌に刺激になるような成分が配合されていないかということも確認をしてから使用する化粧品を選びましょう。

春は外出の機会も増える季節です。しっかり肌荒れ対策を行い、美しい肌で気持ち良いの季節を迎えましょう。

 

関連記事