シミ、しわ、たるみ、乾燥 ー いくつも重なる肌悩みをレスキューする「美肌コスメ」 口コミレビューブログ

menu

50歳 美肌をつくる化粧品

50歳 乾燥肌のお手入れ

化粧品選びで大切なのは、肌の変化を正しく把握し、適切な配合成分を見極めることです。一般的に、加齢に伴い乾燥が進む方が多く、自身の乾燥の度合いを感じないまま同じケアをしていると、肌がダメージを受けやすくなります。

たとえ若い人でも、乾燥していればしわができます。若い人は、肌のターンオーバー(新陳代謝)の周期が早いため、回復できるというだけです。乾燥はしわだけでなく、シミの悪化原因にもなります。

 

脂性であっても肌が乾燥することは良くあること

50歳 美肌をつくる化粧品
肌が脂性であることや、日中の化粧崩れで皮脂が浮いていることなどは、肌が乾燥していないという判断材料にはなりません。そうした状態の肌状態でも、実は乾燥していることがよくあります。

皮脂は、肌のうるおい機能を果たします。しかし、肌がベタつくといった理由で皮脂を必要以上に取り除いたり、ベタつくから保湿は少量だけにするといった勘違いをしてしまう方が多くいるのです。すると、必要な油分を失った肌は乾燥したと思って、必要以上に皮脂を分泌してしまうことになります。

 

まずはスキンケアの見直しをおこなってみる

50代からの化粧品選びのポイントは、スキンケアです!様々な効果なアイテムに飛びつく前に、まずは日々のスキンケアを見直すことが最優先です。

特に年齢とともに進む乾燥を放置している場合は、これ以上の悪化を防ぐため、そして次のステップに進むためにも、乾燥対策とコラーゲン強化からスタートすることが大切です。

そして、乾燥しがちな50代の化粧品を選ぶ際の1つの基準として、最強の保湿成分であるセラミドが配合されている化粧品を選ぶようにしましょう。このページでは、50歳からの乾燥肌のお手入れの仕方について、「コラーゲン強化」の観点から考えていきたいと思います。

 

ハリのなさ、目の周りのしわやくぼみが起こる理由

50歳 美肌を作る化粧品2
肌の表皮の下にある真皮の部分で、美容成分として知られているコラーゲンやエラスチンといった成分が肌の土台を作っています。加齢に伴いコラーゲンが減少するということは、元々自前で作っていた成分の生産が減るということです。

コラーゲンは家の基礎のように肌を支えている骨組みです。そのコラーゲンは40歳を過ぎたころから急激に減り始めます。これはコラーゲンの分解量が合成量を上回るためと考えられています。30代まではあまり気にならなかった肌のハリや弾力の無さ、目の周りのしわ、くぼみなどが気になるのはこのためなのです。

 

コラーゲン強化に必要な成分は「ビタミンC」

乾燥対策に必要なことは、この減少するコラーゲンをいかにして増やすか(コラーゲンの強化)ということです。

コラーゲンを強化しようと思うと、コラーゲン成分配合化粧品に目が向きがちですが、化粧品に配合されているコラーゲンを真皮まで届けるのは、難しいのが実際のところです。またドリンクなども、一度吸収分解された成分がもう一度真皮でコラーゲンなどの成分として働くかは確証がありません。

肌で弾力を保つコラーゲンと、美容成分としてのコラーゲンは別物です。肌の弾力を回復させるためのコラーゲン強化に必要な成分は、実は「ビタミンC」です。ビタミンCが高濃度で配合されている化粧品を選ぶことをお勧めします。

 

コラーゲンを老化させないために


さらに、コラーゲンはその量の減少も問題ですが、コラーゲン自体が老化することにも注意しなければなりません。他のたんぱく質よりも丈夫に作られているコラーゲンは、作られるのも分解されるのもゆっくりで、寿命は数カ月~数年といわれています。

その間、残念なことに身体ではコラーゲンの老化が起こっているのです。元々コラーゲンがもっている特徴は、お肌の弾力、しなやかさを生み出すことですが、逆に老化したコラーゲンは、肌を硬くさせたり、弾力を失わせたり、肌に悪影響を及ぼす作用があります。コラーゲンを老化させないための4つの対策をご紹介します。

【増加したコラーゲンを老化させない4つの対策】
紫外線を浴びないことで、活性酸素を作らない
糖質の過剰摂取をしない(糖尿病になるほど)
コラーゲンを含む良質なたんぱく質を取る
コラーゲンを生成する線維芽細胞を活性化する

 

 

関連記事