シミ、しわ、たるみ、乾燥 ー いくつも重なる肌悩みをレスキューする「美肌コスメ」 口コミレビューブログ

menu

50歳 美肌をつくる化粧品

顔の産毛(うぶげ)処理はアフターケアが重要です

顔の産毛(うぶげ)は薄く細いので目立つものではありませんが、気になり始めるとなんとかスッキリさせたいと思うようになるものです。

顔の産毛処理は、手軽に利用できるカミソリや毛抜きで行っている方も多いのではないでしょうか。カミソリで処理をすること自体は問題はないのですが、処理後のアフターケアをしっかりと行わなければ肌荒れや毛穴のトラブルなどを招いてしまうことがあるので注意が必要です。さらに、毛抜きは肌に最もダメージを与える方法なのでやめましょう。

ここでは、顔の産毛処理の正しいアフターケアの方法をご紹介します。

顔の産毛処理のメリット


産毛を剃ると化粧が肌に密着するようになるので、化粧のりがよくなります。また、化粧のりがよくなるだけでなく、時間が経っても化粧が崩れにくくなります

産毛は細く薄い毛ですが、産毛が集まると肌がくすんで見えるようになります。産毛を処理すると肌が明るくなり、透明感が増すので、顔の印象が変わってきます

ニキビでお悩みの方は、産毛を処理すると皮脂が産毛に絡みついて毛穴が詰まることがなくなるので、ニキビの改善はもちろんのこと、吹き出物や肌荒れなどの改善、予防効果も期待することができます

 

産毛処理のアフターケアの重要性

産毛処理を行うと美肌に良いさまざまなメリットがあります。

産毛をきれいに処理すると、肌の表面にある古い角質もとることができますが、古い角質が剥がれて新しい肌が出てきたときは、しっかり保湿ケアを行わなければ肌のごわつきや乾燥が進むことがあります。

乾燥は、さまざまな肌トラブルの原因になるので、産毛処理の後はしっかりと保湿ケアを行うことを心掛けておかなければいけません

 

産毛処理のアフターケアの方法

cream
カミソリなどを利用して産毛を処理した後は、保湿をする前に、まず、水かぬるま湯で顔を流し、産毛をきれいに流した後で冷たく冷やしたタオルを顔にあて、肌を冷やしましょう。

顔にあてたタオルが温まってきたら、もう一度反対面の冷たい部分をあてて肌を十分に冷やしましょう。肌を冷やすことで、処理をした後の敏感な肌を静めることができ、赤みなどの炎症を抑えることもできます

顔を冷やした後は、肌は普段よりも敏感になっているので、使い慣れている化粧水を使って肌にたっぷりと水分を与えましょう。このときに肌を擦ったり、強くパッティングをすると刺激になるので、優しく肌になじませるようにハンドプレスでしっかり浸透させましょう。

化粧水の後は、冷やしたシートパックでケアをした後に乳液やクリームで油分を与えるとより効果的です。普段使用している化粧品でも美容液など刺激が強いものは使用せず、肌の様子を見ながら普段のケアに戻していきましょう。

正しいアフターケアを行い、透明感がある美肌を保ちましょう。

 

ノイス・イノセンス クリア セラム

抑毛しながら美肌に導く、リピート率90%越えの女性用ひげ(産毛)スキンケアクリームです。敏感乾燥肌に優しい無添加です。

無期限の全額永久返金保証付き! 定期お申し込みなら通常価格8,500円(+税)⇒4,600円(+税)で購入できます。送料無料です。継続のお約束もありません。

 

 

関連記事