シミ、しわ、たるみ、乾燥 ー いくつも重なる肌悩みをレスキューする「美肌コスメ」 口コミレビューブログ

menu

50歳 美肌をつくる化粧品

肌のくすみを改善すると若見えになるって本当!?

加齢とともに肌のくすみが目立つようになります。若い頃と同じような透明感がある肌を維持することは難しいことですが、毎日のケアや食生活でくすみは改善することができます。

くすみが改善できると若見えになるといわれているので、くすみの改善を意識したケアや食生活を心掛けてみてはいかがでしょうか。

 

くすみを引き起こす原因

くすみを解消するためには、まずはくすみの原因を知ることが大切です。ここでは、くすみの原因を紹介します。

新陳代謝の低下

新陳代謝はターンオーバーとも呼ばれています。肌の細胞は28日周期で生まれ変わります。古い細胞は老廃物として肌の表面に上がり剥がれ落ちていきますが、加齢ともに新陳代謝が低下してくると新しい細胞が生成されにくくなり、古い細胞は剥がれ落ちず肌表面に残りがちになってしまうことから、くすみが起こりやすくなります。

ハリの低下、たるみ

肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチン、保水力が高いことで有名なヒアルロン酸などの成分は年齢とともに減少していきます。

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の3つの成分は肌の表皮を支える真皮層に存在しています。年齢とともにこの3つの成分が減少してくると肌のハリや弾力が低下したるみも起こるようになります。肌のハリが落ちてたるみがちになると、肌もくすんで見えるようになります。

乾燥肌

肌には天然保湿因子や皮脂膜、セラミドなどの細胞間脂質など自然の保湿力がありますが、これらも年齢ともに減少していきます。また、洗浄力が強いクレンジングの使用やエアコンによる乾燥なども乾燥肌の原因となります。

乾燥はさまざまな肌トラブルの原因となるので、乾燥肌になるとくすみが目立つようになります。

毛穴

コラーゲンやエラスチンが減少して肌にたるみが起こると毛穴も広がります。また、肌の乾燥も毛穴のトラブルの原因となります。毛穴の広がりや黒ずみなど毛穴のトラブルが目立つようになると肌はくすんで見えるようになります。

 

くすみを改善する方法

食生活を見直す

くすみの改善のためには体の内側からキレイになることが大切です。栄養バランスが取れた食事を心掛け、ジャンクフードはなるべく避けるということは基本的なことですが、くすみを改善するためには、まず、コラーゲンを豊富に含む食べ物を意識して摂ることを心掛けておきましょう。

コラーゲンを多く含む食品としては、牛スジや鶏軟骨、うなぎ、豚や鶏などの骨を煮込んだ豚骨ラーメンのスープにもコラーゲンが豊富に含まれています。コラーゲンと一緒にヒアルロン酸を摂取するとより効果的なので、サプリなどで補給するとよいでしょう。

また、新陳代謝を促進する亜鉛もくすみの改善に効果的です。亜鉛は、牡蠣、牛肉、チーズ、たまご、納豆などに多く含まれています。

逆に肌に悪い影響を与える食品は、糖質や脂肪分が多い食品です。糖質や脂肪分を多く摂取すると肌が酸化したり、コラーゲンの生成が妨げられることがあるので、摂り過ぎには注意が必要です。

基礎化粧品を使ったケアのポイント

 クレンジングと洗顔
メイクや汚れが残っていると肌トラブルの原因になるので、きっちりと落とさなければいけませんが、肌を強く擦ってはいけません。また、クレンジングで顔を擦り続けていると肌に負担がかかることがあります。

クレンジングにかける時間は1分以内といわれているので、手早くクレンジングを行うことも心掛けておきましょう。

 化粧水、乳液、美容液など
化粧水や乳液、美容液などを選ぶときは、肌に合っているかどうかということを確認しなければいけません。自分の肌に合っているかどうかは使用してみなければ分らないので、お試しやサンプルなど利用してまずは肌に合っているかどうかを確認しましょう。

高価な化粧品を使用するときは節約して使っているという方もいるようですが、それでは効果が半減してしまいます。適量を使用しなければ意味がないので、お手頃な価格で自分に合うものを見つけ、適量を使用しましょう。

食生活で体の内側から、基礎化粧品で体の外側からケアを行い、くすみのない透明感がある肌を保ちましょう。

 

肌のくすみにおすすめのクレンジング

肌のくすみにおすすめのオールインワン

 

関連記事