シミ、しわ、たるみ、乾燥 ー いくつも重なる肌悩みをレスキューする「美肌コスメ」 口コミレビューブログ

menu

50歳 美肌をつくる化粧品

50歳の肌 シワのお手入れ

しわが深くなってきた、ハリがなくなってきた、乾燥して粉をふく、シミが目立つ、顔全体がたるんできた…など、50代の肌に関する悩みは尽きません。

若い頃から徐々に蓄積された肌ダメージは、40代以降になると表面に現れてきます。

 

肌トラブルが起こりやすい50代の肌

50代は、これまでのお手入れの成果が如実に現れてくる年代ともいえます。50代にはとても見えないほど、しわやシミが目立たない方もいらっしゃれば、年齢肌を諦めかけている方もいらっしゃいます。

加齢に伴い蓄積された肌ダメージの他にも、肌は紫外線や大気汚染などの外気に当たることで、様々な刺激を受けます。その結果、50代の肌は、角質層のきめが乱れ、水分を正常に保つ力が弱まり、乾燥しやすくなっています。少しの刺激でも過敏に反応するようになるため、今まで以上に肌トラブルが起こりやすい状態だといえます。

ひと昔前と比べて、最近の女性は若くなったと感じます。「美魔女」という年齢不詳の女性がたくさん登場し、年齢を聞いて驚くような若々しい女性が増えています。これは、技術の進歩もさることながら、ご本人の美容情報の収集と実践の賜物といえるでしょう。このページでは、50歳からの肌のお手入れの中でも特に「しわ」に焦点を当てた対策をご紹介します。

 

女性ホルモンの急激に減少が深刻な肌トラブルを起こすことも。

一般的に、肌の衰えを感じ始めるのは40代。これは、閉経に向けて女性ホルモンが激減することが大きな要因になっています。この時期に急激に乾燥し始める肌は、深刻な肌トラブルを誘発します。そして、加齢に伴い、年々遅くなる肌のターンオーバー(新陳代謝)が肌悩みを一層深刻化させます。

深いしわ、たるみ、シミ、くすみなどの肌老化は深刻化すると、人相が変わります。目じりやほうれい線などの深いしわに、たるんだ皮膚がかかることで、顔の印象は一気に老け込むのです。また、遅くなりがちな肌のターンオーバーを放置することによって、シミは濃くなり、くすみが顔のトーンを暗くします。

 

毎日のスキンケアを見直してみる

50代からの化粧品選びのポイントですが、様々な効果なアイテムに飛びつく前に、まずは日々のスキンケアを見直すことをお勧めします。特に年齢とともに進む乾燥を放置している場合は、これ以上の悪化を防ぐため、そして次のステップに進むためにも、乾燥対策とコラーゲン強化からスタートすることが大切です。

ここで注意をして頂きたいことがありますが、肌が脂性であることや、日中の化粧崩れで皮脂が浮いていることなどは、肌が乾燥していないという判断材料にはならないということです。

そうした状態の肌状態でも、実は乾燥していることがよくあります。皮脂は、肌のうるおい機能を果たします。しかし、肌がベタつくといった理由で皮脂を必要以上に取り除いたり、ベタつくから保湿は少量だけにするといった勘違いをしてしまう方が多くいるのです。すると、必要な油分を失った肌は乾燥したと思って、必要以上に皮脂を分泌してしまうことになります。

 

50代化粧品選びのポイント

 保湿対策の要!セラミド配合の化粧品!
セラミドが配合されているか否かという点は、乾燥しがちな50代の化粧品を選ぶ際の1つの基準になります。肌には元々保湿成分が存在しますが、この保湿成分は50代になると20代頃の約半分以下に減少します。これを補うのは、セラミド配合の化粧品が有効です。他の保湿成分も表皮を潤しますが、特に保湿力の高いセラミドは最強の保湿成分と呼ばれているほどです。

 真皮コラーゲンの強化はビタミンC配合化粧品が基本
真皮のコラーゲンは、実はコラーゲン配合の化粧品では強化されません。なぜなら、化粧品中のコラーゲンは保湿成分としての役割しか果たさないためです。肌で弾力を保つコラーゲンと、美容成分としてのコラーゲンは別物です。肌の弾力を回復させるためのコラーゲン強化の基本はビタミンC配合化粧品であることを押さえましょう。

弱った肌には敏感肌用の化粧品
敏感肌まで対応する化粧品を不調時の備えとして押さえておきましょう。合成着色料、合成香料、アルコールなど、刺激になる成分が含まれていない化粧品はリスクが低く、肌の状態に合ったケアができます。

 

 

関連記事